ワールドシリーズはレンジャーズの本拠で開催決定…MLBがPSの日程発表

レンジャーズの本拠地テキサス州アーリントンのグローブライフ・フィールド(ロイター)
レンジャーズの本拠地テキサス州アーリントンのグローブライフ・フィールド(ロイター)

 米大リーグ機構(MLB)が15日(日本時間16日)、今年のポストシーズンの日程を発表。新型コロナウイルス感染拡大のため、地区シリーズ以降は、従来の各球団の本拠地ではなくナ・リーグがテキサス州、ア・リーグがカリフォルニア州で開催、10月20日(すべて現地時間)開始のワールドシリーズは、レンジャーズの本拠地テキサス州アーリントンのグローブライフ・フィールドで開催することが決まった。

 ▼ワイルドカード

 ワイルドカードゲームは、すべて勝率の高いチームのホームで3試合制で開催。9月29日からア・リーグ、30日からナ・リーグがスタートする。

 ▼地区シリーズ

 地区シリーズは10月5日からア・リーグがドジャースの本拠ドジャー・スタジアムとパドレスの本拠ペトコ・パークで5試合制。

、6日からナ・リーグで前記のグローブライフ・フィールドとアストロズの本拠ミニッツメイド・パークで開催。

 ▼リーグ優勝決定シリーズ

 リーグ優勝決定シリーズは11日からア・リーグがペトコ・パーク、12日からグローブライフ・フィールドで7試合制で行われるが、同一球場で開催されるため、移動日が一切なしという強行スケジュールだ。

 ▼ワールドシリーズ

 前記のようにグローブライフ・フィールドで開催。ワールドシリーズに関しては2試合で休み3試合で休みという従来のシステムにならっている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請