【DeNA】坂本裕哉、3か月ぶり2勝…6月25日の初登板初勝利で右足首を捻挫

◆JERAセ・リーグ ヤクルト3―8DeNA(15日・神宮)

 苦しみながらも仕事を果たした。約3か月ぶりの2勝目を挙げたDeNA・坂本は「野手の皆さんに点を取っていただいて感謝したい」と頭を下げた。

 修正力を見せた。2点リードの2回2死一、二塁。投手の石川にストレートの四球。続く坂口に同点2点打を許した。しかし、その後は「脱力、バランスを考えた」と、スライダーを中心に6回1死、青木にソロを浴びるまで6回途中4安打3失点。山田哲は3打数無安打と封じた。

 6月25日の中日戦(横浜)で初登板初勝利も右足首を捻挫。キャッチボール再開まで約1か月。焦りからトレーナーに「まだですか?」と、せかしてしまうこともあったが何とか復活した。

 巨人にマジックが点灯したがあきらめるのはまだ早い。ラミレス監督は「よく立て直してやってくれた」とうなずいた。若き力も戻り最後まで戦い続ける。(岸 慎也)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請