芦名星さん訃報から一夜、崔洋一監督「言葉に置き換えられない」

芦名星さん
芦名星さん
崔洋一氏
崔洋一氏

 14日に死亡が確認された女優の芦名星さん(享年36)の訃報から一夜明けた15日、芦名さんが出演した映画「カムイ外伝」(09年)で監督を務めた崔洋一氏(71)がスポーツ報知の取材に応じ、「言葉に置き換えられない。驚き以外にないです」と、突然の死を悼んだ。

 崔氏が芦名さんと出会ったのは、同作で主人公の敵である女忍者役を選ぶ時のこと。20代半ばだった芦名さんを見て、「日本人離れしたエキゾチックな顔。パリコレやミラノでファッションショーに出てもおかしくないと思いました。強さが出ていた人」と振り返る。

 女優が嫌がることの多いワイヤアクションにも果敢に挑戦した。「普通、女優はワイヤに中ぶらりんになると、騒いだりするんだけどね。芦名さんは『私、好きみたいです』って。それを聞いて私は『お前は変なヤツだね』と思わず言っちゃいましたよ」。当時から光るものがあり「勝ち気な感じはあったが、求められていることはちゃんと理解していた」と話した。

 芦名さんは、俳優の水谷豊(68)が主演するテレビ朝日系人気ドラマシリーズ「相棒」(水曜・後9時)で準レギュラーの記者役を好演していた。崔氏は「芝居の幅を広げている最中だった。この十数年、脇役として光る存在だった。いろんな監督から、使いたいと思わせる女優になりつつあった」と成長を認めていた。「これから私と仕事をする機会が増えていくと思っていましたが…」と名優の死を悲しんだ。

芦名星さん
崔洋一氏
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請