【日本ハム】清宮幸太郎が千賀からマルチ安打 「いいスイングが出来た」

4回無死、中前安打を放った清宮幸太郎
4回無死、中前安打を放った清宮幸太郎

◆パ・リーグ 日本ハム3―2ソフトバンク(15日・札幌ドーム)

 日本ハムの清宮幸太郎内野手(21)がマルチ安打で勝利に貢献した。「8番・一塁」で先発出場。相手エースの千賀から、1、2打席に連続安打を放った。

 2回の第1打席は1死一塁から、初球攻撃。150キロ中盤の直球を中前に運び、一、三塁にチャンスを拡大した。「いいスイングが出来た」という納得の一打が、西川の先制2点二塁打を呼んだ。4回は先頭。カットボールを中前へ運び、今季5度目のマルチ安打とした。

 千賀攻略に貢献した清宮だったが、試合後の栗山監督は辛口だった。「最初の2打席は別としてスットコドッコイだろ、あとの2打席は!」。3、4打席に、連続空振り三振で倒れた点を“厳しく”指摘された。成長を期待される21歳。「そう簡単に3本目は打たせてくれなかったですけど…。でも、ああいういい投手から自分の形で打てたのは、明日にもつながるかなと思います」と、前を向いた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請