【巨人】ともに月間打率4割超 吉川尚輝&大城卓三に原監督「恐怖の7、8番」

優勝マジック「38」が点灯し、ハイタッチする大城卓三らナイン
優勝マジック「38」が点灯し、ハイタッチする大城卓三らナイン

◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人6―3阪神(15日・東京D)

 巨人の吉川尚輝内野手(25)、大城卓三捕手(27)のバットが快音を響かせた。

 吉川尚は、1点を追う2回2死一、三塁から中前適時打で反撃ののろし。大城は同点の6回1死満塁から、決勝の2点打を右前へ運んだ。

 ともに9月は絶好調だ。吉川尚の月間打率は4割5分2厘で、大城は同4割1分7厘。原監督は「恐怖の7、8番なのかなという感じがしますね」と喜んだ。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請