【阪神】高橋遥人が6回無死満塁で降板 岩貞祐太が大城に勝ち越し打浴びる

6回途中、マウンドに集まる高橋遥人(中央右)ら阪神ナイン
6回途中、マウンドに集まる高橋遥人(中央右)ら阪神ナイン

◆JERAセ・リーグ 巨人―阪神(15日・東京D)

 阪神・高橋遥人投手(24)が6回途中5失点で無念の降板となった。

 1点リードで迎えた6回に先頭・松原に右翼線への二塁打を許すと、亀井に右前安打でつながれた。ここで4番・岡本にインハイの真っすぐを中前にはじき返され、同点。さらに丸に右前安打を打たれ、無死満塁でマウンドを降りた。

 ここでリリーフに立った岩貞は中島を空振り三振に仕留めたものの、大城に右前への2点適時打を許した。このイニング3点を奪われ、試合をひっくり返された。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請