【巨人】坂本勇人、5回終了後に交代…見逃し三振2度で3打数無安打

5回2死、見逃し三振の坂本勇人(カメラ・橋口 真)
5回2死、見逃し三振の坂本勇人(カメラ・橋口 真)

◆JERAセ・リーグ 巨人―阪神(15日・東京ドーム)

 巨人の坂本勇人内野手(31)が15日の阪神14回戦(東京ドーム)に「1番・遊撃」でスタメン出場したが、1点リードされた5回終了後に若林晃弘内野手(27)と交代した。

 坂本は初回1死一塁で、サンズが放った中前へ抜けるかに思われた打球を二遊間で好捕。そこからバックトスで二塁へ送り、6―4―3の併殺を完成させてピンチを救っていた。

 打席では第1打席は見逃し三振。3回先頭の第2打席は二ゴロに倒れ、5回2死の第3打席では見逃し三振だった。

 若林は6回から二塁の守備に入り、遊撃には二塁を守っていた吉川尚輝内野手(25)が回った。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請