プロ注目のENEOS・藤井が無失点投球でアピール「思い切り投げれば打たれない」

ダイナミックなフォームで投じるENEOS・藤井投手
ダイナミックなフォームで投じるENEOS・藤井投手

◆社会人・都市対抗野球西関東予選代表決定リーグ▽ENEOS3―0東芝(15日・横浜)

 ENEOSは、プロ注目の最速150キロ左腕・藤井聖投手(23)が先発。6回3分の1を2安打無失点に抑えた。「正直、真っすぐは良くなかったが、思い切り投げれば打たれないという思いでいった」と藤井。試合での最速は147キロだったものの、直球、変化球ともコースにしっかり決まり「負けん気の強さと、動じない気持ちをアピールできたのでは」と振り返った。

 この日は、全12球団のスカウトが視察。巨人・水野投手巡回コーチは「直球に力があり、変化球も低めにきていた。ゼロに抑えたのは評価できる」と話した。楽天・後関スカウト部長も「直球は、もう少し来るイメージだったが、ボールが暴れることなく大事な登板で試合をつくっていた」と先発投手としての資質を認めていた。

 西関東予選は、ENEOS、東芝、三菱パワーの3チームのリーグ戦で争われており、15日の時点でENEOS1勝、東芝1勝1敗、三菱パワー1敗の成績に。16日にENEOSが三菱パワーを破れば、第1代表=ENEOS、第2代表=東芝となり、全てが1勝1敗で並んだ場合は、23日から代表決定トーナメントを実施する。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請