【神奈川】桐蔭学園の1年生の3番・相沢白虎が3安打3打点

2回2死二、三塁で左前2点打を放った桐蔭学園・相沢
2回2死二、三塁で左前2点打を放った桐蔭学園・相沢

◆高校野球秋季神奈川県大会▽2回戦 桐蔭学園10―2瀬谷西=7回コールド=(15日・サーティーフォー保土ケ谷)

 桐蔭学園が12安打で6イニング毎回10得点を挙げ、7回コールド勝ちで3回戦に進出。1年生の3番・相沢白虎(はくと)三塁手が3打数3安打3打点と大暴れした。

 2点リードの2回2死二、三塁で左腕のスライダーを引っ張り、三遊間を破る2点打。4回はチェンジアップを右前に運んだ。さらに5回2死二塁で右腕の外角直球を捉え、中前適時打。「後ろにつなぐ意識で安打になって、打点も挙げられてよかった」。初戦の6番から3番に昇格し、いずれも異なる球種を広角に打ち分けた。

 浦和学院野球部OBの父・哲也さんに「虎のように強くなってほしい」と名付けられ、小学6年時にライオンズジュニア、U―12日本代表入り。中学時代はボーイズ日本代表に選出された。高校でも日の丸を「目指しています」。3回戦では慶応と激突する。「県でも関東でも優勝したい」。TOINの白虎が陸の王者に牙をむく。(『報知高校野球』取材班)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請