鈴木亜由子「去年の自分を越えて、しっかり勝負」 MGCから1年で五輪へ決意新た

大迫傑(右上)とトークセッションを行った鈴木亜由子(下)
大迫傑(右上)とトークセッションを行った鈴木亜由子(下)

 東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(28)=日本郵政グループ=が15日、ナイキ社の厚底シューズ「エア ズーム アルファフライ ネクスト%(以下、αフライ)」の新色発表会にオンラインDe出席。男子マラソン日本記録保持者の大迫傑(29)とトークセッションを行った。

 鈴木はαフライについて「まだレースで履いたことはないが、エアーが入っていて安定感があるのに反発もすごい」と履き心地を明かす。軽めのジョグではリアクトフォームを使用したクッション性重視のシューズ、クロスカントリーなどの不整地では「エアズーム ペガサス」などを履き分けて使っているという。「全ての機能を1つのシューズに集約するのは難しい。それぞれの目的に合わせて使える特性があって、それが自分の足にフィットして練習を支えてくれたらありがたいですね」と“相棒”選びの基準を語った。

 2位に入って東京五輪女子マラソン代表に内定したMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)からちょうど1年のこの日。「MGCでは苦しい走りだった。でもそれが来年へのモチベーションになっている面もある。去年の自分を越えて、しっかり勝負できる状態で来年のマラソンを走りたい」と来夏の大舞台を見据えていた。

 「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%」と「ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」の新色・ブライトマンゴーは、18日にアプリなどと一部の直営店にてメンバー限定で発売し、その後25日に一般発売を開始。「ナイキ ズーム フライ 3」や「ナイキ エア ズーム ペガサス 37」を含むその他の「ブライトマンゴー ファストパック」は10月15日に一般販売開始となっている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請