大迫傑「映えるので好きな色」 アルファフライ新色はブライトマンゴー

大迫傑(右上)は鈴木亜由子(下)とトークセッションを行った
大迫傑(右上)は鈴木亜由子(下)とトークセッションを行った

 男子マラソン日本記録保持者の大迫傑(29)が15日、所属するナイキ社の厚底シューズ「エア ズーム アルファフライ ネクスト%(以下、αフライ)」の新色発表会にオンラインで出席。同社のシューズを使用している東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(28)=日本郵政グループ=とトークセッションを行った。

 3月の東京マラソンで自らの持つ日本記録を再び更新した際に着用した“相棒”に新色としてブライトマンゴーカラーが登場。大迫は「映えるので好きな色。ネクスト%と比べて、αフライはエアが前足部に搭載されたので、反発力が一段と上がったと感じました。地面を叩いた分跳ね返って、ロスがいままでより少なく、個人的にはとても気に入っている点です」と話した。

 東京マラソン前には2回ほどしかαフライを使用していなかったが「レースへの楽しみにとっておいた感じですね」と絶対的な信頼を寄せていたシューズ。今でも大事な練習とレース以外ではほとんど使っておらず、「ズーム ストリーク7」や「ズーム ペガサス ターボ」、「エアズーム テンポ ネクスト%」などを履き分けながらトレーニングを積んでいる。特に薄底シューズでの練習は「地力を上げてくれる感覚」。同じ練習でも厚底シューズを使って行う場合と比べてきつくなるが、大事にしているという。

 来夏へ東京五輪が延期となったが「休める期間があって良かったと感じている。MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)や今年の東京マラソン、さらにMGC前の選考レースと試合が続いていたので、今年8月の五輪ならきつかったな、というのが正直なところ」と心境を吐露。「すごくプラスだと思う。1年しっかり準備できる時間がある。五輪へ強い自分を出したいというモチベーションで頑張っています」。今後のレース予定については「特にお知らせするものはありません」とした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請