東海大の155キロ右腕・小郷賢人、リーグ戦通算防御率は驚異の0・00…大学・社会人ドラフト候補はこの男に注目

速球とスライダーで三振の山を築く東海大・小郷
速球とスライダーで三振の山を築く東海大・小郷
大学生の主なドラフト候補
大学生の主なドラフト候補
社会人の主なドラフト候補
社会人の主なドラフト候補

 故障に泣いた最強クローザーが、最後の秋に猛アピールする。東海大の155キロ右腕・小郷賢人は、2年夏の腰痛、3年夏の右肘靱帯(じんたい)損傷を乗り越えて復活。「全5試合に投げて、チームの優勝に貢献したいです」。19日に開幕する秋季リーグ戦は1試合総当たり制。フル回転する覚悟を示した。

 関西高時代も最速150キロの速球派だったが、東海大2年の春に腕を縦に振るように意識したことで、スライダーの変化が横から縦に変わった。フォークと見間違えるような大きな落差で三振の山を築き、リーグ戦通算16登板で23回1/3を投げて37奪三振。失点はゼロ。通算防御率は驚異の0・00をキープしている。

 ドラフト上位候補だったエース右腕・山崎伊織(4年)が3月に右肘靱帯再建手術を受け、今秋の登板は絶望に。「自分が7回から行けたら、アイツの分もカバーできるはず。このまま失点ゼロで終わりたいですね」。ライバルの思いも背負い、楽天外野手の兄・裕哉が待つプロの世界に飛び込んでいく。(片岡 泰彦)

速球とスライダーで三振の山を築く東海大・小郷
大学生の主なドラフト候補
社会人の主なドラフト候補
すべての写真を見る 3枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請