【楽天】3安打1点で3連勝はならず、三木肇監督は「何とかしないと駄目」

9回、ベンチで戦況を見つめる三木肇監督。左は野村克則コーチ
9回、ベンチで戦況を見つめる三木肇監督。左は野村克則コーチ

◆パ・リーグ公式戦 日本ハム2―1楽天(14日・楽天生命)

 日本ハム先発のバーヘイゲンの前に、8回までわずか1安打で無得点。9回、日本ハム2番手の宮西から田中が5号ソロを放って1点を返し、なおも2死二塁と一打同点の好機を作ったが、茂木は見逃し三振でゲームセット。3連勝はならず、首位・ソフトバンクとのゲーム差は7に広がった。

 バーヘイゲンとの対戦は3戦全敗となった。三木監督は「いい投球をされた。(捕手の)清水が変化球をうまく使っていた。切れもありました。バーヘイゲンはボールが動くので、ゴロが多くなる。何とかしないと駄目ですね」と渋い表情だった。

 楽天先発の塩見は7回途中2失点も6敗目。「あまり状態は良くなかったです。球がいっていなかった分、低めに丁寧に投げました。変化球も、打者との駆け引きも、悪いなりに良かったと思います。相手も良かったので先に点をやってしまったら駄目ですね。もっと長いイニングを投げたかったです」と悔しそう。指揮官は「塩見はしっかりとゲームを作ってくれた。援護できずに申し訳ない」とねぎらった。

 今季限りでの引退を表明した渡辺直の悲願でもある逆転優勝を実現するため、結束が強まった楽天。15日からはオリックス3連戦(ほっと神戸)、18日からはソフトバンク3連戦(ペイペイD)に臨む。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請