馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 中京

【ローズS】リアアメリアとクラヴァシュドール2頭出しの中内田厩舎、今年も前哨戦から取りにいく!

オークス4着以来の実戦を迎えるリアアメリア
オークス4着以来の実戦を迎えるリアアメリア
クラヴァシュドールもスタンバイ
クラヴァシュドールもスタンバイ

◆第38回ローズS・G2(9月20日・芝2000メートル、中京競馬場)

 譲れない秋がもうすぐ始まる。リアアメリアは2歳時に新馬、アルテミスSを完勝したが、単勝1・8倍と圧倒的な支持を集めた阪神JFで6着。桜花賞でも10着と完敗だったが、オークスでは4着と復活への足がかりをつかんだ。「能力の高さが実戦でうまくかみ合わないところがありましたが、オークスで距離に対応できたことは収穫がありました」と猿橋助手。確かな手応えをつかんだ。

 今回は本番を見据えた前哨戦だが、入念な調整を積んでいる。レースの約1か月前となる先月19日に帰厩すると、中京と同じように栗東・CWコースが左回りになる日曜日に負荷をかける6ハロン追い。馬体は先週の時点で前走より24キロ重い498キロとたくましさを増した。「いい夏休みを過ごしたようで、シルエットを大きく見せるようになり、圧を感じさせるような雰囲気」と成長を感じ取る。

 敵は身内にもいる。同じく復帰戦のクラヴァシュドールは阪神JF3着、桜花賞4着など好戦を続けてきた。オークスでは15着と崩れたが、巻き返しを狙う今回へ向けた調整は非常に順調だ。「今は落ち着きがあって、雰囲気がいい。さらに成長した姿でレースに臨めれば」と同助手。中内田厩舎にとっては、昨年のダノンファンタジーに続く連覇を狙う一戦でもある。悲願の、そして最後の1冠へ向け、始動戦から取りにいく。

オークス4着以来の実戦を迎えるリアアメリア
クラヴァシュドールもスタンバイ
すべての写真を見る 2枚

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請