【巨人】「川上哲治生誕100年記念試合」で選手らが着用した背番号「16」のユニホーム41点を16日から2回に分けて「ヤフオク!」に出品

巨人が「川上哲治生誕100年記念試合」で着用した「16」のユニホームに直筆サインを入れオークションに出品、収益を熊本豪雨支援に充てる(写真は原辰徳監督)
巨人が「川上哲治生誕100年記念試合」で着用した「16」のユニホームに直筆サインを入れオークションに出品、収益を熊本豪雨支援に充てる(写真は原辰徳監督)

 巨人は14日、社会貢献活動動「G hands」の一環として、9月1日に開催された「川上哲治生誕100年記念試合」で選手らが着用した背番号「16」のユニホーム41点を、16日から2回に分けてオークションサイト「ヤフオク!」に出品すると発表。ユニホームは着用した本人の直筆サイン入りで、オークションの収益金は川上氏の故郷で、今年7月の集中豪雨で被災した熊本県人吉市への復興義援金に充てられる。

 記念試合には参加していないが、熊本県出身の井上真二ファームディレクター、藤村大介3軍内野守備走塁コーチ、立岡宗一郎外野手、橋本篤郎投手も今回の活動に賛同し、同じく直筆サイン入り16番ユニホームを出品する。概要は下記の通り。

【オークション概要】

〈第1回〉9月16日正午より順次開始、19日正午終了予定

デラロサ、大竹、菅野、田中豊、鍵谷、桜井、中川、高梨、大江、沼田、三澤投手コーチ、村田善ブルペンコーチ、元木ヘッドコーチ、相川バッテリーコーチ、宮本投手チーフコーチ、原監督、古城内野守備走塁コーチ、吉村作戦コーチ、石井野手総合コーチ、後藤野手総合コーチ

〈第2回〉9月22日正午より順次開始、25日正午終了予定

吉川大、増田大、中島、坂本、丸、亀井、大城、岡本、炭谷、吉川尚、若林、岸田、立岡、重信、モタ、ウィーラー、北村、松原、藤村3軍内野守備走塁コーチ、橋本、井上真二ファームディレクター

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請