現役最年長50歳力士・華吹が白星発進 31歳差対決制す

虎徹(手前)を突き落とし、50歳の現役力士として2場所連続の白星を飾った華吹
虎徹(手前)を突き落とし、50歳の現役力士として2場所連続の白星を飾った華吹

◆大相撲秋場所2日目(14日、東京・両国国技館)

 現役最年長力士の序二段84枚目・華吹(50)=立浪=が、初土俵から3場所目の序二段84枚目・虎徹(19)=大嶽=を引き落としで下した。31歳差の年の差対決を制し、白星発進。立ち合いでやや押し込まれたが、相手をよく見て冷静に右に開いて、相手を土俵に落とした。取組後は報道陣の取材には応じなかった。

 昭和、平成、令和の土俵に立つ唯一の力士で、先場所は1905年5月の鬼ケ谷以来、115年ぶりに50歳現役で本場所を迎えた。最高位は三段目。今場所で通算在位206場所目(史上1位)を迎えた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請