プロ野球オーナー会議を開催 19日からの入場者数の規制緩和に南場議長「これまで以上に感染防止を徹底して」

DeNA・南場智子オーナー
DeNA・南場智子オーナー

 プロ野球のオーナー会議が14日、都内で行われた。今回もソーシャルディスタンスを保った上で7月の時と同様に一堂にかいして行われた。

 政府がイベント人数制限を緩和することを受けて、プロ野球では19日以降、上限5000人から各球団の判断で入場者数の規制を緩和することを決めたが、会議後のオンライン会見で南場智子議長(58=DeNAオーナー)は「12球団の対応としては政府の指針に従い、各球団それぞれの判断で緩和策を実施していくということを確認しました」と説明。またシーズンが後半戦に入った中での規制緩和となることから「これまでより多くのファンの方にシーズン終盤の熱戦を楽しんで頂きたいと思っています」と話した。

 その一方で「新型コロナウイルスの市中感染はやや落ち着きを見せてきたとみられます。しかしながら、先行きに全く予断を許さない状況に変わりありません。規制緩和に伴って、これまで以上に感染防止を徹底してまいります。会議では適宜ガイドラインを補充、改訂していくことも確認致しました」と、12球団が一体となり、感染防止策を徹底していくとした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請