【ロッテ】種市篤暉がトミージョン手術 スローイング開始は4ケ月後

スポーツ報知
種市篤暉がトミージョン手術 スローイング開始は4ケ月後

 ロッテは14日、種市篤暉投手(22)が横浜市内の病院で右肘内側側副靭帯再建術(トミー・ジョン手術)を行ったと発表した。

 術後4週間はギプス固定し、術後4カ月よりスローイングを開始する見通し。種市は今季7試合に登板し3勝2敗、防御率3・47。開幕ローテの軸としても期待され、7月25日の西武戦(メットライフドーム)ではプロ初完封をマーク。8月1日の楽天戦(ZOZOマリン)では5回2/3を8失点で途中降板しており、翌日に右肘の違和感のため抹消されていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請