巨人ドラフト1位候補の近大・佐藤輝明、連勝に貢献する2安打4打点…素手で捕球するワイルドプレーも

8回2死満塁、近大・佐藤(右)が逆転の3点二塁打を放ち、ポーズを決める
8回2死満塁、近大・佐藤(右)が逆転の3点二塁打を放ち、ポーズを決める

◆関西学生野球 ▽2回戦 近大7―5関学大(近大2勝)(13日、皇子山球場)

 巨人の今秋ドラフト1位候補に浮上している近大の佐藤輝明三塁手(4年)が、4―5の8回2死満塁で逆転の3点二塁打を放つなど、2安打4打点で関学大に連勝した。関大も京大に連勝した。近江高(滋賀)で3度甲子園に出場した有馬諒捕手(1年)がリーグ戦デビューし、8回に初安打を放った。定本拓真投手(2年)が、7回1失点でリーグ戦初勝利を挙げた。

 2日連続で近大を救った。1点ビハインドの8回2死満塁、佐藤が関学大・黒原拓未の150キロ直球を右翼線に運んだ。0―1の9回1死から同点本塁打を放った1戦目に続く殊勲打に「勝負が懸かったところで打てるように練習してきた」と、二塁ベース上で両人さし指を突き上げた。

 7回1死一、二塁での左越え適時二塁打を含む2安打4打点。守備でも魅了した。2回無死一塁、相手のバントが小飛球となり、スラディングキャッチ。左手のグラブではなく素手の右手で捕球するワイルドなプレーだった。「割とああいうプレーは得意」と、186センチ、92キロの大型選手は涼しげに振り返った。

 この日は5球団12人のスカウトが来場し、阪神、DeNA、ソフトバンク、オリックスは5日の開幕から“皆勤”で視察。2日続けて4人態勢のソフトバンク・永井編成育成本部本部長は「高い評価をしている。(柳田と)遠くに飛ばせるのが似ている」と絶賛。松田宣の後継者として、佐藤はうってつけの存在。ドラフト会議では、巨人の“ライバル”になるかもしれない。(伊井 亮一)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請