菅義偉氏、自民新総裁へ 内閣人事局変えず各省庁幹部が政策反対なら「異動してもらう」

菅義偉官房長官
菅義偉官房長官

 安倍晋三首相(65)の後継を決める自民党総裁選は14日に投開票される。国会議員票で優勢な菅義偉官房長官(71)が地方票でも勢いを見せ、第26代総裁に選ばれる見通しであることが13日、明らかになった。

 菅氏は地方票でも着実に得票を伸ばした。総裁選投開票を前に、全国の都道府県連では13日、141票の地方票をめぐる予備選の開票が行われた。関係者への取材によると、地方票の得票はこれまでに菅氏が大きくリードしており、石破茂元幹事長(63)が続き、岸田文雄政調会長(63)は伸び悩んでいる。

 自民党は14日午後2時から、党大会に代わる両院議員総会を都内ホテルで開催する。国会議員394人と47都道府県連代表3人ずつの計535人が1票ずつ投票。午後3時半ごろには新総裁が選出される運びだ。

 優勢を保つ菅氏が強面(こわもて)をのぞかせた。13日のフジテレビ番組で菅氏は、中央省庁の幹部人事を決める内閣人事局に見直すべき点はないと明言。政権の決めた政策の方向性に反対する幹部については、「私どもは選挙で選ばれている。方向を決定したのに反対するのであれば、異動してもらう」と強調した。

 各省庁の幹部約600人の人事を首相官邸が取り仕切る「内閣人事局」は、2014年5月に内閣官房に新設された。幹部人事を掌握するため、官邸主導の意思決定を後押しする一方、官僚の忖度(そんたく)を生む要因と指摘される。

 続くNHK番組でも菅氏は、査証(ビザ)の要件緩和が訪日外国人増加につながったとして「官邸主導でなければできなかった」と語った。

 これに対し、同番組に出演した石破氏は「官邸が言っているから誰も止められない。そういうことは決して良いと思わない」とくぎを刺した。岸田氏も「権力は鋭利な刃物のようなものだ。使い方を間違えてはならない」と訴えた。

◆橋下氏閣僚は「200%ない」

 ○…菅氏は13日に出演した番組内で、自身が首相(総裁)に就いた場合、親交がある橋下徹元大阪市長(51)を民間から閣僚として起用する可能性があるか問われ、「200%ないですよ」と否定した。同番組で共演した橋下氏も「2万%、20万%ないですよ」と笑って否定した。一方で、菅氏は橋下氏の手腕について「やっぱり能力がある。あれだけの大阪市役所をぶち壊したんですから」と評価した。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請