55歳床嶋佳子が医師と結婚「あ、この人だ」一目ぼれでした

床嶋佳子
床嶋佳子

 女優の床嶋佳子(55)が13日、医師の男性と結婚したことを発表した。床嶋は初婚、男性は再婚で年齢は非公表としている。結婚式、披露宴の予定は未定。2人は9月に入って婚姻届を提出し、同居を始めている。

 床嶋の所属事務所によると、2人は今年1月に同じスポーツジムに通っている共通の知人からの紹介で出会った。ジムのプールサイドで知人と一緒にいる姿を見た時に「あ、この人だ」と直感し、一目ぼれ。ロマンスグレーでがっちりとした体形、誠実さや人としての大きさ、紳士的なところにひかれたという。交際はすぐにスタート。メールのやり取りで愛を深めていったという。

 床嶋は同日、自身のインスタグラムを更新。「自分でも何だか信じられないのですが 何と私、結婚いたしました!」と報告。「今は長い独身生活にピリオドをうち、これまでに味わったことのない幸せを日々噛(か)み締めています」とつづった。休日は2人で料理をするそうで、一緒に買い物をする時間に一番の幸せを感じるという。

 ◆床嶋 佳子(とこしま・よしこ)1964年9月23日、福岡生まれ。55歳。6歳からバレエを始め、13歳でヴァルナ国際バレエコンクール・ジュニアの部に出場。86年、第4回全日本バレエ・コンクールのシニア部門で1位。88年、日米ソ合作ミュージカル「12ケ月のニーナ」で主役を務め、バレリーナから女優に転身。91年にフジテレビ「ヴァンサンカン・結婚」で本格的に女優デビューした。代表作にテレビ朝日系「警視庁・捜査一課長」シリーズでの内藤剛志の妻役。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請