【鳥栖】大卒ルーキー林が流れを変える同点弾で逆転勝利に貢献「強気でいけました」

鳥栖・林大地
鳥栖・林大地

◆明治安田生命J1リーグ▽第16節 鳥栖2―1柏(13日・駅スタ)

 鳥栖はリーグ2位の得点力を誇る柏を2―1で下し、ホーム2連勝を飾った。

 鋭い目で相手をにらんだ。1点を追う前半45分、今季大体大から加入したFW林大地(23)がドリブルを仕掛けペナルティーエリアに侵入。PKをうまく誘発するとすぐさま自分でボールを手にした。「(自分で)蹴ったろうって。蹴らせてほしいと言ったら行かせてくれたので、強気でいけました」。負けん気の強い大卒ルーキーは、冷静にキーパーの動きと逆方向に蹴り込み、貴重な1点をもぎとった。

 前半は先制点を許すなど、主導権を握られ押し込まれる展開。しかし林の得点から徐々にペースをつかみ、少ないながらも決定機を逃さなかった。後半3分にはMF原川力(27)が鮮やかなループシュートを決め逆転に成功。柏にはリーグ戦で4年ぶりの勝利を収めた。金明輝監督(39)も「時間がたつにつれてうまくできたのかな。みんなでつかんだ勝利」。守備陣の踏ん張りとチャンスをモノにした攻撃陣をたたえた。

 「ゴールを決めたことで自信になってる部分もある」と3戦連発で調子を上げている林。「また連勝できるように、走ることを第一にやりたいと思います」と次戦の勝利を見据えた。勝利の余韻に浸るのも一瞬。最後は中2日で挑む札幌戦(16日・駅スタ)に向け表情を引き締めた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請