【G大阪】最下位・湘南に完封負けで連敗…FW宇佐美「責任を感じています」

スポーツ報知
後半、G大阪・宇佐美貴史がゴール前からシュートを放つも得点ならず

◆明治安田生命J1リーグ第16節 G大阪0―1湘南(13日、パナソニックスタジアム吹田)

 G大阪は最下位・湘南にホームで初めて敗北し、今季初の連敗を喫した。

 韓国代表DF金英権をコンディション調整のためメンバー外とするなど、前節から先発3人を入れ替え。3バックの右で起用されたDF高尾が積極的に攻撃参加するなど、攻勢には出たが、ゴール前の精度を欠き決定機をつくれず。後半29分に一瞬の隙をつかれて失点。その後はFWパトリック、MF遠藤ら攻撃的な選手を次々と投入し、FWアデミウソンのシュートがバーをたたくシーンもあったが、最後までゴールを割れなかった。

 今季初めて2試合連続で無得点という内容に、FW宇佐美は「責任を感じています。(得点という)数字が少ないと、苦しくなっていく。そこがもっと取れれば、と日々強く思います」と厳しい表情。

 宮本恒靖監督(43)は「前半は理詰めでやりすぎていた。強引さ、もしくは大胆さ、がもっとあってもいい」と、無得点の理由を分析していた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請