【横浜M】3試合連続逆転負け…9年勝利なしのC大阪にまたも敗戦、昨季黒星数に並ぶ8敗目

横浜MはC大阪に9年勝利がない
横浜MはC大阪に9年勝利がない

◆明治安田生命J1リーグ▽第16節 横浜M1―2C大阪(13日・日産スタジアム)

 王者が波に乗りきれない。横浜Mは、ここ9年間の公式戦で5分け9敗の宿敵・C大阪にまたも勝てず、リーグ戦3試合連続の逆転負け。優勝した昨季の敗戦数8に早くも並んだ。ポステコグルー監督は「ここ数試合とは見違えるようなサッカー。勝てなかったのは残念だが。ポストには2回当たり、GKがはじいたボールに反応できれば1点という場面もあった。点を取るのは二の次。まずは自分たちのサッカーをすることが大事。そうすれば結果がついてくる。勝ちはできなかったが、自分たちのサッカーを出せることが誇らしい」と語った。

 序盤からペースを握り、0―0の後半7分にFWエリキのゴールで先制。しかし、一瞬の隙を突かれ同13分に同点弾を浴びると、20分にはDF伊藤槙人が一発退場。41分に勝ち越し点を与えた。

 前節の名古屋戦(1●2)でベンチ外の伊藤、MF和田拓也、渡辺皓太、小池龍太を先発起用。昨季得点王の不動のトップ下・Mジュニオールを左に配置するなど、10位に沈む現状打破へ、数々の“起爆剤”を仕込んだが、復活の兆しは見えなかった。

 2017年季には天皇杯決勝で涙をのみ、優勝した昨季も8敗中2敗を喫した宿敵にまたも屈した。ちょうどシーズンの折り返しとなる17試合を終え、首位・川崎との勝ち点差は23にまで広がった。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請