馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 中京

【京成杯AH】トロワゼトワル&横山典騎手が連覇! 逆転で初のサマーマイル女王

トロワゼトワル(中)がスマイルカナ(奥)を鼻差とらえて連覇達成(手前は3着のボンセルヴィーソ)
トロワゼトワル(中)がスマイルカナ(奥)を鼻差とらえて連覇達成(手前は3着のボンセルヴィーソ)

◆第65回京成杯AH・G3(9月13日、中山・芝1600メートル、良)

 中山競馬場で行われた第65回京成杯オータムHは、4番人気のトロワゼトワル(横山典)が連覇を達成するとともに、逆転でサマーマイルシリーズも優勝した。

 最後の最後に“大逆転”が待っていた。2番手追走のトロワゼトワルが直線の坂を上って、もう一段階ギアを上げる。逃げ切りを図ったスマイルカナをゴール寸前でかわし、鼻差で史上4頭目の京成杯AH連覇と、牝馬として初のサマーマイルシリーズ王者をたぐり寄せた。「よく踏ん張ってくれました。ゴール板では勝ったな、と思いました」。このレース歴代単独最多の6勝目の横山典もレコードVだった昨年に続く勝利を喜んだ。

 連覇はおてんば娘の大人への成長の証しだ。「今日は1年前と比べて、すごくおとなしかった。最初に乗せてもらった時からやんちゃなお姉ちゃんだなと思っていたけど」。積極的に飛ばして押し切った昨年とは違い、この日は発馬直後から鞍上が促して、スマイルカナを追走したほど。「行きっぷりがよくないわけじゃなくて、冷静に走っていた」と、5戦ぶりに手綱を執ったベテランは変貌した姿に驚いた。

 夏のマイル重賞3戦するのは予定通り。中京記念17着、関屋記念2着のあと、横山典を鞍上に迎えた最終戦でV。「今年はチャンピオンを取ることができて良かった」。2年間空位だった王座にカナロア産駒の5歳牝馬が堂々と就いた。(恩田 諭)

 ◆トロワゼトワル 父ロードカナロア、母セコンドピアット(父ハーツクライ)。栗東・安田隆行厩舎所属の牝5歳。北海道千歳市・社台ファームの生産。通算20戦6勝。主な勝ち鞍は19年京成杯AH・G3。総収得賞金は1億9294万8000円。馬主は(有)社台レースホース。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請