早大の1年生・野村が神宮初登場で豪快なアーチ 高校時代は“山梨のデスパイネ”の異名

神宮初登場で豪快なアーチを放ちホームインする早大・野村(神宮で)
神宮初登場で豪快なアーチを放ちホームインする早大・野村(神宮で)

◆社会人野球・東京六大学対抗戦▽早大5―1日立製作所(13日・神宮)

 早大の1年生・野村健太右翼手が、神宮初見参で持ち前のパワーを見せつけた。6番でスタメンに入り、初打席でセンター左へ二塁打。続く2打席目に、打った瞬間に分かる左翼越えアーチを放った。

 「いい感触で捉えることができました。(カウント0―2から)ストレート待ちで変化球にも対応する意識でいたところに、高めに浮いたスライダーが来ました」と野村。山梨学院高時代、たくましい体つきとパワフルな打撃から“山梨のデスパイネ”と呼ばれ、甲子園でも3本のホームランを放った期待のルーキーは「昨夜は少しドキドキしました。ホームランは、甲子園と同じくらいうれしい」と話し、初々しい笑顔を見せていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請