馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 中京

【京成杯AH・敗者の弁】11番人気4着のジャンダルムに藤井「今回も頑張った」、ストーミーシーは7着

レースを終え、引き揚げる(左から)ストーミーシー、ルフトシュトローム、スイープセレリタス(カメラ・成海 晃)
レースを終え、引き揚げる(左から)ストーミーシー、ルフトシュトローム、スイープセレリタス(カメラ・成海 晃)

 ◆第65回京成杯AH・G3(9月13日、中山・芝1600メートル、良)

 サマーマイルシリーズ最終戦は16頭立てで争われ、4番人気のトロワゼトワル(牝5歳、栗東・安田隆行厩舎、父ロードカナロア)が横山典弘騎手を背に、ゴール前3頭の争いを制し、昨年に続く連覇を飾った。また、サマーマイルシリーズも逆転でチャンピオンに輝いた。勝ち時計は、1分33秒9だった。

 3番人気のスマイルカナ(柴田大知騎手)が鼻差の2着に続き、13番人気のボンセルヴィーソ(木幡巧也騎手)がさらに鼻差の3着だった。

 藤井騎手(ジャンダルム=4着)「昨年はトロワゼトワルを追いかけて3着。今回も頑張った。集中できれば、ここでも差はない」

 和田竜騎手(シゲルピンクダイヤ=5着)「ゲートで嫌気をさしていたが、出てくれた。道中狭かったが、ついていった。最後は、いつもと同じ脚を使っている」

 戸崎騎手(アルーシャ=6着)「両サイドから窮屈になったが、しまい伸びてくれた。いい感じだったし、調子が良かったんだと思う。ポジションが取れなかったのが痛かった」

 田辺騎手(ストーミーシー=7着)「前走も一生懸命に走ったし、中1週。暑い時期だし、疲れていた。年齢も年齢。ハンデも背負わされていたから」

 横山武騎手(アストラエンブレム=9着)「状態は良かった。スタートも道中の手応えも良く、折り合いもついたが、追い出してひと息だった」

 坂井騎手(ミッキーブリランテ=11着)「スムーズに流れに乗れてリズム良く行けたが、手応えの割に伸びなかった。内で脚をためるのが理想」

 津村騎手(アフランシール=12着)「3コーナー過ぎから動いたが、前が楽していたぶん、止まらなかった」

 秋山真騎手(ラセット=13着)「3コーナーから行かせたが、最後は止まってしまった」

 丸山騎手(スイープセレリタス=14着)「道中はいいポジションだったが、伸びなかった」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請