プロ注目の韋駄天、独協大・並木秀尊がスカウトに俊足アピール

9回2死二塁、右前打で生還した独協大・並木
9回2死二塁、右前打で生還した独協大・並木

 プロが注目する俊足外野手の独協大・並木秀尊(4年=市川口)が13日、横浜市の日体大球場で行われた日体大とのオープン戦に1番・センターで出場。自慢の足をスカウトにアピールした。

 第3打席までは凡退したが、9回2死から四球で出塁。2球目に二盗を決めると、次打者の適時打で生還。1―0の勝利に貢献した。「何とか走れました。(相手に)警戒されていた中だったので、次につながると思います」とホッとした表情を浮かべた。昨秋の侍ジャパン大学代表候補合宿の50メートル走測定で手動計測ながら5秒32を記録。ドラフト候補の中大・五十幡亮汰(4年=佐野日大)の5秒42を上回り、一躍注目を集めた。この日は4球団が視察していたが、オリックス・佐藤真一スカウトは「足は一級品」と評価していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請