馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 中京

【セントウルS】ダノンスマッシュが1馬身差で快勝 三浦「途中から思い通りの競馬」

ダノンスマッシュ(右)が直線抜け出し、重賞6勝目をマーク(カメラ・高橋 由二)
ダノンスマッシュ(右)が直線抜け出し、重賞6勝目をマーク(カメラ・高橋 由二)

 ◆第34回セントウルS・G2(9月13日、中京・芝1200メートル、良)

 サマースプリントシリーズ最終戦は17頭立てで争われ、1番人気のダノンスマッシュ(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎、父ロードカナロア)が三浦皇成騎手を背に直線で抜け出し、重賞6勝目を飾り、スプリンターズS(10月4日、中山)の優先出走権を手にした。勝ち時計は、1分7秒9だった。

 12番人気のメイショウグロッケ(浜中俊騎手)がゴール前で1馬身差の2着に浮上し、2番人気のミスターメロディ(北村友一騎手)はさらに首差の3着だった。

 サマースプリント王者には、このレース不出走で、北九州記念を制していたレッドアンシェルが輝いた。

 三浦皇成騎手(ダノンスマッシュ=1着)「朝からの馬場を見て、ペースが速かったり、外から差しが決まる難しい馬場だと思っていました。ゲートにも課題が残るので、スタートを出てから馬を信じて運ぼうと思っていました。いい位置を取った瞬間に、早め先頭も考えていましたし、途中から思い通りの競馬ができました。厩舎サイドからは『休み明けの感じは残しつつも、いい仕上がり』と聞いていましたし、乗るのを楽しみにしていました。きょうまたがって、状態の良さが伝わってきました。センスがいいし、学習能力が非常に高い馬。かえって1400メートル、1600メートルを使ったことが道中のゆとりにつながったと思います。一生懸命走ってくれたので、レース後の状態が一番のカギですね。まずは無事に。それだけです」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請