【広島】鈴木誠が藤浪から先制17号3ラン「ピッチャーが少しでも楽に投げられるような先制点になってよかった」

◆JERAセ・リーグ 阪神―広島(13日・甲子園)

 広島の鈴木誠也外野手(26)が、先制17号3ランを放った。

 初回1死一、二塁から、藤浪の154キロの直球を左翼スタンドへと運んだ。9月9日のヤクルト戦(マツダ)以来、4試合ぶりのアーチに「ピッチャーが少しでも楽に投げられるような先制点になってよかったです」と喜んだ。不調に苦しみ、12日の阪神戦(マツダ)終了後に、ついに打率3割を切った主砲。チームの上位浮上には、誠也の復調が不可欠だ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請