福岡大・児玉が女子200メートル制し3冠 3日間で8レース完璧にまとめる

女子200メートルを制して3冠を達成した児玉
女子200メートルを制して3冠を達成した児玉

◆陸上 日本学生対校選手権最終日(13日、新潟・ビッグスワンスタジアム)

 女子200メートル決勝が行われ、昨年の日本選手権女王の児玉芽生(福岡大3年)が23秒68(向かい風0・8メートル)で優勝。100メートルと400メートルリレーと合わせて3冠を達成し「(レースを重ねたことで)疲労で体が動かない部分もあったが、優勝を目標にしていたのでうれしい」と安堵(あんど)の表情をみせた。

 12日には計4本のレースに出場する過密日程だったが、100メートル決勝で11秒35(向かい風0・2メートル)の日本歴代3位をマークして優勝。「今回は記録を狙ったのではなく、自分の走りに集中しようと思っていたので、タイムがついてきてうれしい」と笑顔を見せていた。さらに、400メートルリレーでも2走として優勝に貢献した。

 ◇児玉の日本インカレ出場全8レース(円数字は着順)

 ▽11日

 100メートル予選4組11秒67〈1〉

 400メートルリレー予選1組44秒92〈1〉

 ▽12日

 100メートル準決勝1組11秒51〈1〉

 200メートル予選6組24秒47〈1〉

 100メートル決勝11秒35〈1〉

 400メートルリレー決勝44秒92〈1〉

 ▽13日

 200メートル準決勝2組24秒12〈1〉

 200メートル決勝23秒68〈1〉

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請