杉山愛さん、生放送で大坂なおみの優勝を「本当に強くて、すべてが充実…優勝すべくして優勝した」

試合終了後アザレンカとラケットタッチする大坂なおみ(ロイター)
試合終了後アザレンカとラケットタッチする大坂なおみ(ロイター)

 13日放送の日本テレビ系情報番組「シューイチ」(日曜・前7時半)で、テニスの全米オープン第13日の女子シングルス決勝で第4シードの大坂なおみ(22)=日清食品=が2年ぶりの全米オープン優勝を果たしたことを速報した。

 大坂は決勝で世界ランク27位ビクトリア・アザレンカ(31)=ベラルーシ=に逆転勝ち。18年全米、19年全豪に続く4大大会3勝目は、女子の李娜(中国)を抜きアジア勢単独最多となった。全米の複数回優勝は史上12人目。優勝賞金300万ドル(約3億1800万円)を獲得し、世界ランクも9位から3位に戻る。

 番組には元ダブルス世界ランク1位の杉山愛さんがリモート出演した。大坂の優勝を「今大会は本当に強くて、すべてが充実していましたので優勝すべくして優勝したなという感じありました」と絶賛した。

 さらに決勝戦を「今日の試合は本当にタフでした。勝因は気持ちの切り替えだったと思います」などと分析し「たまになかなか自分の思うようにいかないプレーもあったんですけど、そこを気持ちを切り替えながら、前向きに常に気持ちをもっていけたのが大きかったですし、そこが彼女の成長だったと思います」と評価した。

 また、優勝の要因を「コロナの自粛期間中に過ごした半年間がすばらしかったんだと思います」とフィジカル、メンタルの両面での強化が成功したことを挙げた。

 今大会はコート外では人種差別問題への抗議意志を全面に示した。入場時に着用する黒いマスクに警官に射殺された被害者らの名前を書いた。毎試合変え「みんなに知ってほしい、関心を持ってほしい」と訴え続けた。こうした行動に杉山氏は「本当に立派だったなと思います。彼女の人気、影響力はものすごく大きいですから、そこをしっかりと認識しながら、自分が社会をよりいい場所に変えられるんじゃないかという人としての発信力をうまく使いながら、自分もいいパフォーマンスをしなければならないなかで、こういうことをしてますから本当に立派だったと思います」と絶賛していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請