東山紀之、大坂なおみの2年ぶりの全米OP制覇に「意味合いが違います…彼女のメッセージが強く出た」

優勝トロフィーにキスをする大坂なおみ(ロイター)
優勝トロフィーにキスをする大坂なおみ(ロイター)

 少年隊・東山紀之が司会を務める13日放送のテレビ朝日系「サンデーLIVE!」(日曜・前5時50分)で午前7時10分過ぎにテニスの全米オープン第13日の女子シングルス決勝で第4シードの大坂なおみ(22)=日清食品=が2年ぶりの全米オープン優勝を果たしたことを速報した。

 大坂は決勝で世界ランク27位ビクトリア・アザレンカ(31)=ベラルーシ=に逆転勝ち。18年全米、19年全豪に続く4大大会3勝目は、女子の李娜(中国)を抜きアジア勢単独最多となった。全米の複数回優勝は史上12人目。優勝賞金300万ドル(約3億1800万円)を獲得し、世界ランクも9位から3位に戻る。

 優勝の速報にスタジオで東山は「よかったねぇ」と満面の笑みを浮かべた。番組では、その後、優勝を特集したが東山は2年前の全米制覇と比べ「優勝の意味合いが違いますよね。世界の状況もコロナで大変な状況で。人種差別の問題もあり彼女のメッセージが強く出たと思います」と絶賛していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請