みちょぱのはとこ・池田向希“ごぼう抜き”競歩1万メートル大会新で優勝

男子1万メートル競歩で優勝した東洋大・池田向希
男子1万メートル競歩で優勝した東洋大・池田向希

◆陸上 日本学生対校選手権第2日(12日、新潟・ビッグスワンスタジアム)

 男子1万メートル競歩決勝が行われ、東京五輪20キロ競歩代表の池田向希(22)が38分41秒45の大会新で優勝した。同50キロ競歩代表の川野将虎(まさとら、21)=ともに東洋大4年=は40分35秒20で3位。スタートから飛び出した池田は後続との差をぐんぐん広げ、6600メートル付近までに出場全選手を周回遅れにするほどの“ごぼう抜き”を見せて今季世界最高記録でゴールした。

 父方のはとこにモデルの“みちょぱ”こと池田美優(21)がいる。自粛期間中はヨガに励んで、りきみのない理想の歩型に近づきつつある。「東京五輪までにスピード持久力やスタミナも高めていきたい」。延期されていた来月の関東インカレへの出場は検討中だ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請