「日本一黒いグラアイ」橋本梨菜、水着の道着姿で主演映画舞台あいさつ 出演オファーは「ドッキリかと思った」

水着道着姿で登場した橋本梨菜
水着道着姿で登場した橋本梨菜

 グラビアアイドルの橋本梨菜(26)が12日、東京・池袋シネマロサで主演映画「はぐれアイドル地獄変」(東海林毅監督)の初日舞台あいさつに出席した。

 大阪出身で「日本一黒いグラビアアイドル」「なにわのブラックダイヤモンド」として活躍する橋本は、売れない沖縄出身の褐色グラビアタレント役を演じた。

 舞台あいさつには、ポスタービジュアルで使用した水着道着姿で登場。今作は自身初の映画主演作品となり、「色んな初めてが詰まった作品。1年前に撮影して、やっと公開なのかと。初めて、映画は公開までこんなにかかることを知った。実際に完成した作品を見て、色んなことを思いだし、もう1年たつのかと。楽しみです」と笑顔。道着は1年ぶりの着用で「道着の結び方を忘れてしまいました」と笑わせた。

 主演のオファーが来た時は「ドッキリかと思った」と驚いたようで、「映画自体、出たことがなかったので、主演にビックリ。漫画の実写化で、どんな作品か電車で読んだが、電車で読める作品ではなかった。本当に私に出来るのかなと思った」と不安だったことを明かした。

 アクションシーンも多くあり、100人組み手が見所の1つ。空手のレッスンも受けたようで、「3か月は琉球空手を教えてもらった。100人組み手はブリーフの男性がたくさんいて、撮影時期が11月なのに正座で待っていて。現場はカオスでした」と笑わせた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請