馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 阪神 札幌

【中山5R・2歳新馬】8番人気のマーサーアンがまんまと逃げ切りV 和田竜二騎手「誰も来なかった」

デビュー戦を飾ったマーサーアン(右は2着のフェアビアンカ)
デビュー戦を飾ったマーサーアン(右は2着のフェアビアンカ)

 9月12日の中山5R・2歳新馬戦(芝2000メートル=15頭立て)は、8番人気のマーサーアン(牡、美浦・大和田成厩舎、父ルーラーシップ)が、まんまとマイペースで逃げ切った。08年、10年の愛知杯を勝ったセラフィックロンプを母に持つ血統。勝ち時計は2分6秒0。

 スタートから促して、積極的にハナを奪った。開幕週の馬場でも降りしきる雨により稍重で、前半1000メートル通過65秒4というスローペースを刻んだ。3コーナーで後方からまくって来たクラックステソーロに並びかけられたが、4コーナーで再び突き放して、直線でも粘りきった。

 和田竜二騎手は「跳びの大きい馬だったので、前で競馬をしようと思った。遅いペースでも、誰も来なかった。手前を替えたりふらふらしていたが、思ったより最後まで集中していた。長いところ向きの馬」と、してやったりの表情だった。

 大和田成調教師は「かなり楽に抱えて、力をためられたのが勝因。馬場も味方したし、他も来なかった。気性が激しい馬なので、実戦にいってどうかなと思っていたが。(今後は)放牧に出して、秋の後半の東京かなと思います」と、今後の展望を語った。

レース結果

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請