Snow Manラウール、「レモンソーダ男子」に…来夏公開映画で主演「女の子をドキドキさせる」

共演するラウールと吉川愛
共演するラウールと吉川愛

 9人組「Snow Man」のラウール(17)が、累計発行部数400万部超の少女コミックを原作にした映画「ハニーレモンソーダ」(来夏公開、神徳幸治監督)に主演することが11日、発表された。

 1月22日に6人組「SixTONES」と同日CDデビューし、コラボシングルでミリオンヒットを記録。勢いめざましい中、単独映画主演はグループ“一番乗り”。「とにかくビックリしました」と本音を明かした。

 父はベネズエラ人、母は日本人で、エキゾチックな顔立ちが特徴。ジャニーズの滝沢秀明副社長(38)の“秘蔵っ子”として19年1月にグループが現在の9人体制になる際に新加入した3人の中の1人。身長187センチで股下96センチという抜群のスタイルで、7月に男性ファッション誌「MEN’S NON―NO」隔月レギュラーとしてモデルデビューも果たすなど、活躍の幅を広げる。

 アイドル王道といえる“キュンキュンもの”で演じるのはレモン色の金髪に、基本的には塩対応ながらも実は誰よりも優しいという「レモンソーダ男子」の主人公。ヒロイン役の吉川愛(20)と、さわやか青春ラブストーリーを紡ぎ出す。「こんなに女の子をドキドキさせる役を演じられるか心配がありましたが、原作を読ませていただき、すごく撮影が楽しみ」と初々しく意気込んだ。

 グループで主演する映画「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」(12月4日公開)も控えている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請