プロ野球、Jリーグなど人数制限緩和で数万人動員可能に…映画館などは満員OK

東京ドーム
東京ドーム

 政府は11日、新型コロナウイルス感染症対策分科会を開き、プロスポーツや映画館などの人数制限を緩和することを決めた。19日からプロスポーツは5000人の人数制限を撤廃、会場の収容人数の50%まで可能にする。プロ野球やサッカーJリーグは大規模会場であれば数万人の動員が可能な大幅緩和となる。規模が小さく感染リスクが低い映画館などは満員も認める。

 西村康稔経済再生担当相は分科会後の記者会見で、冬にインフルエンザとの同時流行が懸念されることなどを踏まえ、制限緩和は11月末までの当面の措置だと説明した。「感染状況の悪化や、緩和でクラスターが発生した場合は見直しもあり得る」と述べ、慎重な対応が必要だと強調した。4連休初日の今月19日に合わせて経済活動を再び拡大させることについて、新規感染者数が減少に転じたことや、収益悪化を懸念する事業者側から要望があったことを理由に挙げた。緩和は2か月ぶりとなる。

 プロ野球は入場料収入が落ち込み「どの球団も財政的に厳しい」(斉藤惇コミッショナー)状況。オリックスの森川秀樹球団本部長は「大勢のお客さんに見てもらえるのは選手の励みになる。経営的にもありがたい」と政府方針を喜んだ。

 Jリーグは上限を会場収容数の50%とし、収容数が1万7000人以上のスタジアムは30%程度から段階的に引き上げると発表した。従来は上限5000人だった。村井満チェアマンは「より多くのお客さまをお迎えしての試合をお届けすることとなる」との談話を出した。F東京の長谷川健太監督は「スタジアムの雰囲気が、がらっと変わってくると思う。熱烈なサポーターの前で試合ができることを楽しみにしたい」と話した。

 一方、映画、演劇業界は手放しで歓迎する雰囲気ではない。歌舞伎座は「コメントすることはありません」と慎重な姿勢。歌舞伎に詳しい関係者は「10月分は既に販売する客席の割り振りが決まっているので、今月同様に50%以下にとどまるでしょう」とし、「さらに感染予防策を強化する必要があるのではないか」と懸念を示した。出演者らの感染で公演中止もあった宝塚歌劇団は「全国の各劇場と足並みをそろえたい。すぐに100%はない。準備しても1、2か月はかかるし、お客様の心情を考えると発売中のチケットを急に増やすことはできない」とした。

 大手映画会社の社員は「映画館の収容率が上がるのは喜ばしい」と集客に期待しつつ「新作公開に向けたイベントは、まだまだ以前のような規模では実施できず、手探りの状態が続く」と打ち明けた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請