【秋田】明桜・風間球打、5者連続含む10Kで県大会切符「甲子園を目指して頑張っていきたい」

スポーツ報知
明桜・風間7回2/3を投げ10奪三振の力投を見せた

 ◆高校野球秋季秋田県大会中央地区代表決定戦 明桜6―4秋田商(11日・こまちスタジアム)

 来秋ドラフト候補の150キロ右腕、明桜・風間球打投手(2年)がチームを県大会出場に導いた。7回2/3を4失点(自責2)したが、最速149キロの直球を軸にスライダーとフォークを織り交ぜ、10奪三振。「フォークも結構落ちた。スライダーとフォークをうまく使えた」と振り返った。5日の男鹿工戦でも15三振を奪っており、2戦連続2ケタ奪三振の力投となった。

 初回先頭から5連続奪三振で幕を開けた。好スタートを切ったかに見えたが、6人目に四球を与えると味方の失策で2死一、三塁とされ、続く8番・保坂塁に右中間への適時打を浴びた。「先に点を取られて少し焦ったんですけど、途中からゆっくり投げる意識で投げました」。3回にも味方の失策絡みで1失点した。

 4―2と逆転した直後の6回にも2死満塁から保坂に適時打を打たれ同点とされた。「これ以上点はやれない」とリミッターを解除した。1番・高橋の初球がこの日最速の149キロを掲示するなど剛腕ぶりを発揮。高橋を遊ゴロに抑えて勝ち越しは許さなかった。

 8回からはマウンドを譲り、右翼の守備についたが、9回1死二塁の場面で再登板。最後の打者は128キロのスライダーで見逃し三振斬り。勝利が決まった瞬間は少しだけ頬を緩めた。

 接戦を県大会出場を決めた右腕は「先輩もいないのでチーム一丸でやることが一番ですけど、自分がなるべく引っ張ってチームに貢献できる投球ができればと思います。チーム一丸で甲子園を目指して頑張っていきたい」と力強く宣言した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×