【埼玉】花咲徳栄・飛川がランニング本塁打などサイクル安打達成

スポーツ報知
9回1死一塁で中越え適時三塁打を放ち、サイクル安打を達成した花咲徳栄・飛川(中央)

◆高校野球秋季埼玉県大会東部地区予選 ▽代表決定戦 花咲徳栄10―0久喜北陽(11日・越谷市民)

 花咲徳栄は、飛川征陽右翼手(2年)がランニング本塁打などサイクル安打を達成し、県大会出場を決めた。

 両校無得点で迎えた6回1死一、三塁で、5番の飛川は逆方向の左翼線に先制2点二塁打。8回無死では、中堅前のライナーに相手のセンターが飛び込んだが、捕球できず。打球がフェンスまで転がるのを見て一気に生還し、高校通算3本目で初のランニング本塁打とした。

 9回1死一塁で中越えに適時三塁打。2回の中前打から4打数4安打4打点でサイクル安打を決めた。「えっ、そうなんですか。全く気づいていなかったです。走塁でチャンスを潰していたので、次に回ってきたら、何とかしようと思っていました」。4回1死の二塁走者で、ショートバウンドの投球に三塁を狙ってアウトになったが、バットで取り返した。(『報知高校野球』取材班)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×