突然のACL再延期発表…出場3クラブ指揮官困惑「報告ない」「従うしか」「ニュースで知った」

神戸・フィンク監督
神戸・フィンク監督

 AFC(アジアサッカー連盟)は10日、コロナ禍で中断しているACL東地区の日程を再び延期することを発表した。AFCは7月、横浜Mと神戸が参加するG組とH組を10月中旬から11月にかけてマレーシアで集中開催すると発表。JリーグはACL出場クラブの日程を変更したが、Jリーグ側へ連絡のないまま、AFCはF組のF東京を含む東地区の試合を11月15日~23日に開催し、決勝が19日、開催国は未定と発表した。

*  *  *

 神戸のフィンク監督は11日、オンラインでの取材に対して、「事前の報告がなく、おそらく皆さんと同じタイミングで知った。率直に言うと、どう捉えていいかわからない。一晩寝て考えたが、本当に難しい」と困惑。横浜Mのポステコグルー監督は「続けていきたいと思っていたが、僕らがどうこうできる話ではまったくない。こういうタフなスケジュールでやらなきゃいけないので、大変な部分はあるかもしれないが、我々は従っていくしかない」と言葉を選んだ。F東京の長谷川健太監督は「正式にJリーグから通達が来たわけではないので何とも言えない。どこの発表か分からないが、ウェブ上のニュースが知った。正式にチームの方に伝わってきたということではないので、きた時にお答えします」と話した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請