森喜朗会長が室伏広治新長官にエール「新たな出発を応援」

 文科省は11日、9月末に任期満了を迎えるスポーツ庁の鈴木大地長官(53)が任期満了で9月30日付で退任し、後任に10月1日付でアテネ五輪男子ハンマー投げ金メダリストの室伏広治氏(45)が就任する人事を発表した。

 室伏氏がスポーツディレクターを務めてきた東京五輪組織委の森喜朗会長(83)も「大変嬉しく思います」とコメントを発表。「オリンピックの金メダリストであり、世界におけるアンチ・ドーピングの象徴的な存在でもあり、IOCでも専門委員を務めるなど、素晴らしいキャリアを持つ室伏氏が、新たな重責を担うことは、IOC関係者も喜ばれていると思います」「組織委全員で心から室伏氏の新たな出発を応援したい。日本のスポーツ行政の舵取り役として、より大きな役割で、東京2020大会に向けて一緒に仕事ができることを、頼もしく思っています」と、二人三脚で五輪実現へと力を合わせていく姿勢を示した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請