明石商のドラフト1位候補・中森俊介と来田涼斗がプロ志望届を提出「違うチームで対戦したい」

プロ志望届を提出して取材に応じた明石商の来田(左)と中森
プロ志望届を提出して取材に応じた明石商の来田(左)と中森

 10月26日のドラフト会議で1位候補に挙がっている明石商(兵庫)の中森俊介投手と、同上位候補の来田涼斗外野手(ともに3年)が、大安の10日にプロ志望届を提出し、明石市内の同校で取材に応じた。

 同じチームか違うチームでプレーしたいかという問いに、来田は「違うチームでやってみたい。見てきた中で一番いい投手。中森と対戦したい」と答え、中森も「違う球団で対戦したい」と即答した。中森が「真っすぐに強い。(初対戦は)二ゴロです」と予告すると、来田は「抑えられると思う」と、早くも白旗をあげた。

 両選手は、1年夏から4季連続(今春センバツは中止)で甲子園に出場し、昨年は春夏連続の4強入りに貢献した。最速151キロ右腕の中森は、投球術や制球力が高く評価されている。

 三拍子そろった来田は、昨春センバツで春夏通じて史上初の初回先頭打者弾&サヨナラ弾をマーク。昨夏の甲子園では、史上初めて春夏両方での初回先頭打者アーチを記録した勝負強さが魅力だ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請