【巨人】監督室には歴代名将による全12枚の直筆色紙…貴重写真を入手

スポーツ報知
歴代11人の監督色紙パネルを見つめる原辰徳監督

 東京ドームの一角にある巨人軍監督室には、歴代名将による全12枚の直筆サイン色紙が飾られている。

 川上哲治監督は座右の銘「不動心」―。「心を大きく開き、四方八方へ自然のままにうごかしながら、全体にゆきとどく心のこと」などと説明している。原監督は東海大相模の指揮官だった父・貢さんの教えで、第3次政権就任時からの指針とした「和と動」。1936年、プロ野球初年度の記念すべき初優勝に導いた藤本定義監督からの長い歴史を達筆につなぎ、その貴重写真をスポーツ報知が独占入手した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請