【巨人】原監督、中川デラロサは試合前から「登板予定はない」勝利の方程式使わず6投手で1点差勝利

原辰徳監督(左)はセーブを挙げた高梨雄平からウィニングボールを受け取る
原辰徳監督(左)はセーブを挙げた高梨雄平からウィニングボールを受け取る

◆JERAセ・リーグ公式戦 中日4―5巨人(9日・ナゴヤドーム)

 巨人は9日、中日との接戦を制した。

 同点の6回2死一塁から先発田口に代わり鍵谷が登板。2点を勝ち越した7回は鍵谷が続投し、2死一塁から大江、同一、二塁から桜井が登板。桜井は平田の中前適時打で1点差に迫られたが、同点は阻止した。

 1点リードの8回は大竹がピシャリ、最後9回は高梨が締めて移籍後初セーブをマークした。

 前日8日まで2連投中だった中川、デラロサの勝利の方程式を使わず1点差勝利。原監督は試合後「きょうはコウタ(中川)デラは登板予定はないと。まあよく頑張ってくれました」と最初から3連投回避のため登板予定がなかったと明かし「いやいや、苦しいゲームでいつもなかなか勝負っていうのは簡単にはいきませんね。まあ追いつかれることはあっても、上回られることはなかったということでしょうね。非常に辛抱強く戦えたと思いますね」と投手陣をたたえた。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請