柔道・阿部一二三、「自分の柔道を出せたか」を意識…リレーコラム

阿部一二三
阿部一二三

 今は少しずつ以前のような練習ができるようになってきています。外出自粛期間も食事やトレーニングに気を付けていたので、体重はキープできています。4月から延期になっていた東京五輪代表選考会が、12月のグランドスラム(GS)東京大会に決まりました。やっと試合が決まったことはうれしいし、目標が明確になったことで、より一層気持ちも入りました。

 次の試合まで10か月も空くというのは、初めての経験です。これだけ長い期間空くことがどのように影響するのか分からない部分はありますが、練習の中でも試合の雰囲気を少し出しながらやっていき、けがをしないこと。あとはいつも通りの調整がしっかりできれば、問題ないと思います。

 練習では相手の対策や新しい技を覚えるよりも、自分の柔道を100%出し切るためにどうしたらいいかを考えてやっています。今までの試合を通して、自分の柔道をしっかり出し切れば負けないということは分かっています。時間ができたことで昨年のGS大阪大会や世界選手権、今年のGSデュッセルドルフ大会の映像を見返す機会もありました。改めて気持ちが大事だということと、勝った試合と負けた試合では自分の柔道を出せたかどうかの違いもあると感じました。

 僕の好きな言葉は「努力は天才を超える」です。小さい頃からセンスがある方ではなかったので、練習して努力を積み上げていって、今の自分があると思っています。努力しなければ、絶対に結果は出ない。努力は忘れてはいけないと常に意識しています。

 これまで東京五輪で優勝することを目標に、ずっとやってきました。五輪代表をつかみ取らなければ、五輪はありません。まずは12月という目標が決まったので、そこに向けてやるだけ。(GS東京が中止の場合に)代表決定戦になったとしても、やることは変わらないし、しっかり勝ちにいくだけです。自分自身の人生を懸けて、12月に挑みたいと思っています。

 ◆阿部 一二三(あべ・ひふみ)1997年8月9日、神戸市生まれ。23歳。6歳で柔道を始め、神港学園高時代の2014年に、66キロ級で男子史上最年少17歳2か月で講道館杯制覇。世界選手権は17年の初出場から2連覇し、19年は銅メダル。日体大を経て、今年4月からパーク24所属。得意技は背負い投げ。妹・詩(20)=日体大=も女子52キロ級で世界選手権2連覇。168センチ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請