日本陸連、2021年度から登録料を新設へ…一般&大学生1000円、中高生500円「受益者負担が今後の構造になっていく」

国立競技場のフィールド
国立競技場のフィールド

 日本陸連は9日、2021年度から競技者などが支払う登録料を新設する方針を固めた。同日の理事会で承認した。一般、大学生などは年間1000円、中高生は500円。現在、一般、大学生100円、中高生50円を設定している「データバンク料」は廃止する。尾県貢専務理事は「近いうちに登録料の設定を、とは考えていた。コロナ禍でスポンサー収入減などで赤字が出る中、収益構造は見直さないといけない。(コロナが)引き金になったことは否定しない」と説明した。

 今年度の登録者は35万人。登録料の新設で、陸連は約2・3億円の増収を見込む。収益は、競技会の安定的な開催のほか、「2年後あたりをめどに、しっかりとした登録システムを構築し、記録管理システムも出来上がる。(各選手個人の)マイページを作って記録ランキングを見られるようにするためのシステム開発費にもあてたい」と尾県専務理事は構想を述べた。

 長期的に見れば、来夏の東京五輪終了後、国からの補助金が減額となる可能性もある。「強化費は国の補助金が多くを占めている。(五輪閉幕後は)おそらく、強化費関係は3~5割減少するのではないかと予測を立てている。しっかりと普及、育成をするには収益構造を見直さないといけない。登録費に依存しないといけない、と考えている。お金をとるのは心苦しいが、受益者負担が今後の当たり前の構造になっていくと思うということでご理解を頂きたい」とした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請