日本陸連、来年1月の男女都道府県駅伝を中止へ「新型コロナウイルス感染拡大のため、まさに苦渋の決断」

 
 

 日本陸連は9日、来年1月に予定されていた男女の都道府県対抗駅伝(男子=21年1月24日、女子=21年1月17日)を中止する方向で進めると明らかにした。同日の臨時理事会で報告し、方針を固めた。横川浩会長は「新型コロナウイルス感染拡大のため、まさに苦渋の決断」と述べた。

 今後、両大会の組織委員会で議論し、正式に決める。尾県貢専務理事は「チーム構成は、中学、高校、大学、一般から一堂に会する。コロナ禍においては、感染対策がとりにくく、リスクが高くなるということ。もう一つ、ふるさと制度がある。例えば、ある大学の選手5人が、それぞれの生まれ故郷のチームに所属することになるので、一気に拡散することにもなる。こういったところで、両駅伝の持ついい所が、コロナ禍においては感染リスクを高めてしまう」とした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請