馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 中京

良血馬たち(栗東)

 こんにちは、山本です。今日も栗東からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、小倉にいた先週末に一通のメール。最近、何度か書いている神戸のBARのマスターです。そこには「今、部屋で杖をついている」と書いている。ワタクシたちの前では元気に振る舞っていますが、実は70歳を超えております。大丈夫かいなと思っていましたが、その後にしっかりとした返事が返ってきたもんだから、重大ではないなと判断。近いうちに小倉土産でも持っていこうかと思っていたんですが、その翌日に送られてきたのが「緊急入院」のお知らせ。さすがに驚きました。

 病名は「蜂窩織炎」。アスリートの方がかかったという話をたまに聞きますが、細菌感染症の一種だったはず。まぁ、1週間程度の入院とのことですが、まぁ、年が年ですからねぇ。気にはなっているんですが、このご時世、お見舞いというものになかなか行けないんですよね。知り合いが入院、または病院のお世話になったりした時、非日常な生活が続いていることを痛感しますね。まぁ、1週間ほどは養生してもらって、また元気な姿で再会する日を楽しみにしておくことにします。

 ということで、元気な我が身に感謝しつつ、そろそろ本題へ。今日も栗東からのナマ情報を中心にお伝えしましょう。

 まずは最近、真っ先に書くことが多い友道厩舎から。先週の小倉で勝った半兄にダービー馬ロジユニヴァースを持つ【アドマイヤザーゲ(牡、父ドゥラメンテ)】は今日、放牧に出されました。「調教より実戦で動けていましたね。距離はあった方がいいと思う」とのことで、今後は中長距離路線をイメージしているようです。北海道で勝った【ミルウ(牝、父ハービンジャー)】も一度、放牧へ出されましたが、ゆったりとした距離が合いそうという見立てでしたね。

 さて、今日の栗東では母に日米オークス馬、上にエピファネイアやリオンディーズ、サートゥルナーリアを持つ【ルペルカーリア(牡、父モーリス、母シーザリオ)】が追い切りを行いました。この馬、中京3週目の27日、芝2000メートルを本線に調整されていくようです。「GOサインを出せば、いつでも動けるような感じだったし、やっぱりおとなしい。競馬でも折り合いがつくと思う」と友道調教師。来週は福永Jが騎乗して、しっかり負荷をかけていくようです。

 あと、今週は【ザレストノーウェア(牡、父ディープインパクト、母ミュージカルウェイ)】と【ムーンビード(牝、父American Pharoah、母イブニングジュエル)】が入ってくると書きましたが、さらにダービー馬ワグネリアンの妹【ミスフィガロ(牝、父ディープインパクト、母ミスアンコール)】も入ってくるようです。さらに、クロコスミアの妹になる【ルリオウ(牝、父ゴールドシップ、母デヴェロッペ)】は10月10日、京都芝マイルを岩田望Jで予定しています。

 その取材をする数分前。ある2歳馬に乗った浜中Jの横を併走するように、高野調教師が歩いていました。気になって歩いて行くと、その馬は注目の血統馬【ショウナンハイネス(牝、父ロードカナロア、母ショウナンパンドラ)】だったのです。来週の中京芝マイルを浜中Jで予定しているとのこと。「まだ非力ですね。お母さんとはタイプが違います。お母さんはゆったりとしたバネを感じるフットワークでしたけど、この馬は回転の速いピッチ走法です」とは浜中J。お父さんの血が強く出ているんでしょうかね。高野調教師は「まだ物足りなさがありますね。芯がしっかりしていない。後々はいいと思いますし、いいモノはあると思いますが…」とまだ慎重なトーンです。ただ、二人とも周囲の高まる期待値を感じているからこそ、という雰囲気もあります。このひと追いで、どれだけ上向いてくるのか。来週も要注目です。

 最後に角居厩舎。明後日11日に仏1000ギニー、仏オークス勝ち馬を母に持つ【ラクレソニエールの18(牡、父Shalaa)】と、言わずもがなの血統馬【ダイワスカーレットの18(牝、父エイシンフラッシュ)】が入ってくるそうです。今日はここまで、また明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請