【札幌】大卒新人トリオで8戦ぶり勝つ!高嶺&田中&金子リーグ戦初先発そろい踏みへ

8日の練習で、ダブルボランチを務めた札幌MF高嶺(左)、田中(右)
8日の練習で、ダブルボランチを務めた札幌MF高嶺(左)、田中(右)
リーグ初先発へ精力的に動く札幌MF金子(右)
リーグ初先発へ精力的に動く札幌MF金子(右)

 J1北海道コンサドーレ札幌は9日、敵地・C大阪戦でリーグ8戦ぶり勝利を狙う。8日は宮の沢で1時間半の練習を行った。大卒ルーキー3人衆らフレッシュな力を結集させて勝ち点3を目指す。

 7月26日の本拠・横浜M戦(3〇1)以来リーグ7戦で勝ちがない状況でも新型コロナ禍の過密日程で試合はすぐやってくる。5日の広島戦(0●2)は相手の2倍以上のシュートを放つも無得点。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督(62)は「内容はいい。継続すれば勝機も見いだせるはず」とトンネル脱出へ力を込める。

 この日、主力組ではWボランチにMF高嶺朋樹(22)、田中駿汰(23)、シャドーに金子拓郎(23)と大卒ルーキーが共演。リーグ初の先発そろい踏みにも期待は高まる。累積警告でFW菅大輝(21)が欠場の左ウィングには右太もも裏肉離れから7日に復帰したMF白井康介(26)も入った。

 中3日&敵地遠征だが、結果的に新たな組み合わせの可能性を広げる好機ともなる。「今季だけでなく来季に向けても強くする時。結果が出ない中でも個々がポジティブさを失ってはいない」と指揮官。過去2年(18年3△3、19年1〇0)負けていないC大阪との敵地戦に勝ち、実りの秋へとつなげていく。(川上 大志)

8日の練習で、ダブルボランチを務めた札幌MF高嶺(左)、田中(右)
リーグ初先発へ精力的に動く札幌MF金子(右)
すべての写真を見る 2枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請